NECとインターポール、サイバーセキュリティ対策で提携……シンガポールに専門施設設立 | RBB TODAY

NECとインターポール、サイバーセキュリティ対策で提携……シンガポールに専門施設設立

エンタープライズ セキュリティ

調印の模様(左:NEC 代表取締役 執行役員社長の遠藤信博氏、右:インターポールSecretary GeneralのRonald K. Noble氏)
  • 調印の模様(左:NEC 代表取締役 執行役員社長の遠藤信博氏、右:インターポールSecretary GeneralのRonald K. Noble氏)
  • インターポール公式サイト
 国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)とNECは18日、グローバルなサイバーセキュリティ対策で提携したことを発表した。提携の期間は3年間。

 インターポールは、1956年に世界各国の警察で結成された世界最大の国際組織。現在190カ国が加盟している。今回の提携は、インターポールの国際的なネットワークと、NECの最先端のサイバーセキュリティソリューションにより、複雑で高度化するサイバー犯罪などを調査・分析し、国際レベルでのセキュリティ強化を目指すとのこと。

 今後インターポールは、2014年に新たなサイバー犯罪に関する研究開発・トレーニング・捜査支援活動を行う施設「The INTERPOL Global Complex for Innovation」をシンガポールに設立する予定。NECは、同施設内に設置される「インターポール・デジタル犯罪捜査支援センター(The INTERPOL Digital Crime Centre)」に、サイバーセキュリティに関する脅威情報を調査/分析し、新たな捜査手法を開発、トレーニングするためのシステムと要員を提供する。

 NECはサイバーセキュリティソリューションのパートナーであるサイバーディフェンス研究所、ラック、フォティーンフォティ技術研究所とともに、Digital Crime Centreに約760万ユーロ相当となる、製品・ソリューションの提供およびサポート要員の派遣を行う。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top