セブン-イレブン、約100店舗に新たに「蓄電池」を設置 | RBB TODAY

セブン-イレブン、約100店舗に新たに「蓄電池」を設置

エンタープライズ その他

セブン発電プロジェクトの仕組み・メリット
  • セブン発電プロジェクトの仕組み・メリット
 セブン-イレブン・ジャパンは12日、再生エネルギーを有効活用する新たな取り組みとして、東京電力管内を中心とした約100店舗に新たに「蓄電池」を設置し、“蓄エネルギー”を中心とした総合的な電力活用の実証実験を行うことを発表した。来年1月より順次開始する。

 セブン-イレブンでは、今夏より先行実施として、千葉県松戸市や京都市等の6店舗に「蓄電池」を試験的に設置。使用する電力の需給コントロールを一店舗トータルで行い、エネルギー管理について検証を続けていた。「蓄電池」を導入することで、蓄えた電力をピーク時に放電し、電力需要の少ない夜間電力を活用することが可能になるとのこと。また、店舗全体のエネルギーを効率的に管理し、10%以上の電力料金の削減を見込んでいるという。またセブン-イレブンでは、太陽光パネルを2013年2月までに、約7,000店へ設置する予定で、この設置総面積は東京ドーム10個以上となり、トータルとして、一般家庭22,000世帯分の発電量になる見込みだ。

 同社ではこれら施策を、“セブン発電プロジェクト”と位置付け、発電所並みの電力を生み出そうという計画に取り組んでいくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top