Z会の通信教育、新高1生対象「東大総合演習」2013年3月新規開講 | RBB TODAY

Z会の通信教育、新高1生対象「東大総合演習」2013年3月新規開講

エンタープライズ その他

東大総合演習
  • 東大総合演習
  • 添削問題解答解説・英語
  • 添削問題解答解説・数学
  • 添削問題解答解説・国語
 Z会の高校生・大学受験生向け通信教育では、新高1生(現中3生)を対象とした新商品「東大総合演習」(英数国の3教科セット)を2013年3月より開講する。

 本講座は、東大への高い合格実績を持つZ会が積み上げてきた東大入試対策のノウハウを結集して開発した特別講座。12月3日より申し込みを受け付けている。

 東大入試で問われるのは「基本的な知識をいかに活用して、解答を導くか」という高い思考力。本講座では、合格のカギを握る英数国の3科目について、高1最高レベルの問題に演習形式で取り組み、徹底的に思考力を鍛えていく。また、個別の添削指導に加えて、本講座専任の「教科担任」が、毎回の答案を徹底的に分析。その結果を、必ず押さえておいてほしいポイントや差がついた設問などを取り上げ、会員専用サイト上でフィードバック。「東大合格のために、今、何を身につけるべきか」を計算しつくし、東大合格までの最短距離を考え抜いたカリキュラムと指導で、戦略的に東大合格をめざしていく。

 英語では、東大英語で比重の高い「長文読解」「英作文」「リスニング」を重視し、高1の1年間で段階的に、バランスよく力を伸ばせるカリキュラムを設定。東大英語に必要な「読む」「書く」「聴く」の3本柱を強固に築き上げる。

 数学では、高1で身につけるべき「思考力」と「表現力」に重点を置き、定理・公式の知識だけでは解けない問題や、記述力の多い問題を出題。「出題分野」×「問題形式」、2つの側面から考えられた独自のカリキュラムで、実力を鍛え上げる。

 国語では、東大合格のために高1の段階で身につけるべき「知識」「読解」「記述」の力を、3か月のタームでメリハリをつけて強化し、最後の総合的な力を完成させるカリキュラムを設定。「学ぶべきこと」を意識しながら取り組むことで、東大合格に向けて着実に実力を高めていく。

◆東大総合演習
対象:新高1生(現中3生)※特に学習進度が速い中高一貫の新高1生(現中3生)におすすめ。
教科:英語・数学・国語
申込方法:Webサイトより
講座料金:3,600円(毎月払いの場合)※6か月または12か月一括の割安料金設定あり。別途、基本料金(1か月あたり2,000円)要。
《水野 こずえ》

関連ニュース

特集

page top