ドコモ、自治体向けの災害監視支援サービス「防災テレメータ」提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、自治体向けの災害監視支援サービス「防災テレメータ」提供開始

エンタープライズ その他

「防災テレメータ」サービス内容
  • 「防災テレメータ」サービス内容
  • 画面イメージ
  • 「環境センサーネットワーク」概要
 NTTドコモは12月1日、環境センサーネットワークを活用した自治体向け災害監視支援サービス「防災テレメータサービス」の提供を開始した。

 「環境センサーネットワーク」は、全国の携帯電話基地局など約4,000個所に設置した“環境センサー”を使い、気象データ(花粉、温湿度、風向風速、降水量、雷)を観測・蓄積する情報基盤システム。

 「防災テレメータサービス」では、環境センサーネットワークで観測した気象データに、河川水位や遠隔画像などの観測機能、情報管理者向けの表示・分析機能を新たに追加し、自治体や企業向けにパッケージサービスとして提供する。急増するゲリラ豪雨など局地的に発生する大雨や河川氾濫、さらに津波などの前兆観測にも対応するとのこと。また観測対象は、要望に応じて追加する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top