J:COM、CATV事業者向けにIPプラットフォームで運用するVODシステムを提供開始 | RBB TODAY

J:COM、CATV事業者向けにIPプラットフォームで運用するVODシステムを提供開始

 ジュピターテレコム(J:COM)は26日、CATV事業者向けに、IPプラットフォームをベースとしたVODサービスの提供を11月下旬より開始することを発表した。

ブロードバンド テクノロジー
VODシステム提供の仕組み(CATV局との加入者認証システム構成)
  • VODシステム提供の仕組み(CATV局との加入者認証システム構成)
  • コンテンツの概要
 ジュピターテレコム(J:COM)は26日、CATV事業者向けに、IPプラットフォームをベースとしたVODサービスの提供を11月下旬より開始することを発表した。

 本システムを導入することで、CATV事業者は、VODサービスとともに、ユーザー顧客情報の管理やサービスメニューの設計が自社で行えるなど、自由度の高いサービス展開が可能となる。また本サービスはマルチデバイスでの視聴に対応しており、CATVの加入契約者はテレビ、パソコン、タブレット端末、スマートフォンなど、さまざまなデバイスでVODサービスを利用することが可能。

 コンテンツとしては、さまざまなジャンルの約5,000タイトルを見放題で提供するほか、番組ごと課金のコンテンツ約30,000タイトルを提供する。さらに、ゴルフの欧米ツアーの生中継や自転車競技などのスポーツLIVEコンテンツも視聴できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top