ドコモ、LTE対応の超小型基地局「Xiフェムトセル」開発……LTE/3Gの両方式に世界初対応 | RBB TODAY

ドコモ、LTE対応の超小型基地局「Xiフェムトセル」開発……LTE/3Gの両方式に世界初対応

 NTTドコモは16日、世界で初めて、LTEおよび3Gの両通信方式に対応した超小型基地局(装置名:Xiフェムトセル)を開発したことを発表した。12月より、住居・店舗・オフィスなどへの設置を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
LTE対応超小型基地局「Xiフェムトセル」外観
  • LTE対応超小型基地局「Xiフェムトセル」外観
  • スぺック
 NTTドコモは16日、世界で初めて、LTEおよび3Gの両通信方式に対応した超小型基地局(装置名:Xiフェムトセル)を開発したことを発表した。12月より、住居・店舗・オフィスなどへの設置を開始する。

 「フェムトセル」は、半径数十メートル程度の通信エリアを構築できる小型基地局で、一般家庭や中小企業などで、通信しづらい場所のエリア改善に用いられている。今回新たに開発された「Xiフェムトセル」は、LTEと3Gの両方式に対応し、同時運用できるため、音声通話に加え、Xi・FOMA両方のデータ通信サービスを利用できるものとなっている。

 従来のFOMAフェムトセルが、高さ180mm×幅135mm×厚さ35mm/重さ約0.4kgだったのに対し、高さ185mm×幅175mm×厚さ45mm/重さ約0.7kgとなっており、可能な限り現行サイズを維持した。なお「Xiフェムトセル」には、自動的に周辺環境に合わせてエリアを調整する「プラグ&プレイ機能」が搭載されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top