eBookJapan、「Raboo」からの乗換利用をサポートする「電子書籍お助けサービス」を開設 | RBB TODAY

eBookJapan、「Raboo」からの乗換利用をサポートする「電子書籍お助けサービス」を開設

ブロードバンド その他

「電子書籍お助けサービス」トップページ
  • 「電子書籍お助けサービス」トップページ
  • 「レシートメール」のサンプル
  • 書庫画像のサンプル
  • 登録フォームサンプル
 「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンは5日、楽天の電子書籍サービス「Raboo」の利用者に、「Raboo」サービスから購入した電子書籍の代金相当額のeBookポイントを提供する「電子書籍お助けサービス」を開始した。

 楽天の電子書籍サービス「Raboo」は、2013年3月31日にサービスが中止する予定となっている。今回、「電子書籍お助けサービス」では、「Raboo」サービスをパナソニック端末(UT-TV1)で利用しているユーザーを対象にしたもの。パナソニック端末は、当初は「Raboo」サービスのみ搭載されていたが、その後のバージョンアップにより、eBookJapanの電子書籍リーダーが搭載されている。

 「電子書籍お助けサービス」に応募することで、「Raboo」サービスから購入した電子書籍の代金相当額のeBookポイントが、応募者全員に提供される。提供されるeBookポイントの上限は5,000ポイント。eBookポイントにより、1ポイント1円でeBookJapanの電子書籍が購入可能。

 申し込みには、eBookJapanへのユーザー登録が必要なほか、Rabooサービスで電子書籍を購入した際のレシートメールの画像、書庫の画像、端末製造番号の画像、本人確認書類画像が必要。これらの登録が確認後、応募者にeBookポイントが提供される。応募期間は、2013年1月31日まで。

 eBookJapanでは今後も、このようなお助けサービスを積極的に検討するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top