アップル、「iOS 6.0.1」をリリース……iPhone 5の場合は注意が必要 | RBB TODAY

アップル、「iOS 6.0.1」をリリース……iPhone 5の場合は注意が必要

IT・デジタル モバイル

「iOS 6」の初のアップデート。iPhone 5でワイヤレスで更新する場合は注意が必要
  • 「iOS 6」の初のアップデート。iPhone 5でワイヤレスで更新する場合は注意が必要
  • まずはiPhone 5のバグ修正が先に行われる
  • このパッチプログラムをダウンロードしてから
 米アップルが「iOS 6.0.1」をリリースした。「iOS 6」の初のアップデートにあたり、「iPhone 5」ユーザーがワイヤレス(OTA)でのソフトウェアアップデートできないバグも修正した。

 iPhone 5の場合、ワイヤレスでのアップデートができないので注意が必要。PCに接続してiTunes経由でのアップデートは問題ないが、ワイヤレスでアップデートを行うときは、一度iPhone 5のバグを修正してから行う必要がある。

 iPhone 5で、ワイヤレスで更新を行う場合の手順は「設定」から「一般」の「ソフトウエア・アップデート」に進むと「iPhone 5 アップデータ」というパッチプログラムが表示され、「ワイヤレスでアップデートできない問題が修正される」と説明が表示される。そして「詳しい情報」をタップし、iPhone 5 アップデータを「ダウンロードしてインストール」する。するとホーム画面に「iOS Updater」という修正アプリが現れるので、タップして実行する。その後に「ソフトウエア・アップデート」に進めば、iOS 6.0.1へのアップデートが可能になる。

 今回の更新により、iPhone 5での更新が無線経由で行えない問題が解決されるほか、キーボード上に横線が表示される問題、カメラフラッシュが消えなくなる問題、iPhoneでモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題、ロック画面からPassbookの詳細にアクセスできる問題などが解決される。

 対象となるのは、iPhone 5/4S/4/3GS、iPad (第3世代)、iPad 2、iPod touch (第4世代、第5世代)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top