富士通、ITマネジメントのアウトソーシングサービスを提供する事業会社を設立 | RBB TODAY

富士通、ITマネジメントのアウトソーシングサービスを提供する事業会社を設立

 富士通は11月1日、複数企業の情報システム部門のITマネジメントを支援する事業会社「株式会社ITマネジメントパートナーズ」を設立した。

エンタープライズ 企業
ITマネジメントパートナーズのビジネスモデル
  • ITマネジメントパートナーズのビジネスモデル
  • 情報システム部門における業務レイヤー
 富士通は11月1日、複数企業の情報システム部門のITマネジメントを支援する事業会社「株式会社ITマネジメントパートナーズ」を設立した。

 「ITマネジメントパートナーズ」は、顧客企業のITシステムに関する企画、開発、運営のQCDを最適化するための管理活動全般を支援する会社。主に中堅市場を対象にITマネジメントのアウトソーシングサービスを提供する。

 富士通の技術者がSI技術・ノウハウを持ちよるとともに、顧客企業の情報システム部門からもITマネジメントに関わる技術者が参画することで課題を共有し、改革を支援するという。ITマネジメントパートナーズを活用することで、IT上流機能の強化やIT人材の早期育成、またITマネジメント業務の強化といった効果が期待できりとのこと。

 第一弾として、学校法人河合塾とITマネジメントパートナーズの活用について契約を締結しており、2013年4月1日に新会社によるサービスを開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top