アイ・オー・データ、USB 3.0対応の外付け型HDDなど2機種……テレビ録画に対応 | RBB TODAY

アイ・オー・データ、USB 3.0対応の外付け型HDDなど2機種……テレビ録画に対応

 アイ・オー・データ機器は31日、外付け型HDDの新製品USB 3.0対応の「HDCA-UT」シリーズと、USB 2.0対応の「HDCA-U」シリーズの2モデルを発表した。販売開始は11月中旬。

IT・デジタル 周辺機器
「HDCA-UT」シリーズ。前面のLEDライトが青の場合はUSB3.0で接続
  • 「HDCA-UT」シリーズ。前面のLEDライトが青の場合はUSB3.0で接続
  • 「HDCA-U」シリーズ
  • 「HDCA-U」シリーズはホワイトとブラックの2色
  • 両機種とも横置きにも対応
 アイ・オー・データ機器は31日、外付け型HDDの新製品USB 3.0対応の「HDCA-UT」シリーズと、USB 2.0対応の「HDCA-U」シリーズの2モデルを発表した。販売開始は11月中旬の予定。

 ラインナップ/価格は、「HDCA-UT」シリーズの1TBモデル「HDCA-UT1.0KC」が11,500円、2TBモデルの「HDCA-UT2.0KC」が14,600円。「HDCA-U」シリーズの1TBモデル「HDCA-U1.0CWC/KC」が10,600円、2TBモデルの「HDCA-U2.0CWC/KC」が13,800円。

 「HDCA-UT」シリーズは、USB 3.0に対応した、縦置き・横置き両対応の外付HDD。対応OSはWindows XP/Vista/7/8、Mac OS X 10.5~10.8でWindows 8でも対応確認済み。同社ではテレビ録画のストレージに適しているとしており、「レグザ」「ブラビア」「AQUOS」などに対応する。前面のLEDライトはUSB 3.0接続時には青、USB 2.0接続時には緑に点灯する。

 Windowsアプリ集「IO.APPs」や、ネット動画を簡単な操作で保存できる「チューブとニコニコ、録り放題 Selection」といったソフトを無料ダウンロードできる。

 インターフェースはUSB 3.0。本体サイズは幅39mm×高さ120mm×奥行185mm、重量は約1.1kg。USB 3.0対応ケーブル(1m)が付属する。

 「HDCA-U」シリーズは、インターフェースがUSB 2.0ということ以外は、サイズも含め「HDCA-UT」シリーズとほぼ同じ仕様。対応OSはWindows XP/Vista/7/8、Windows Home Server 2011、Mac OS X 10.5~10.8。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top