ルーカスフィルムがディズニー傘下へ……スター・ウォーズ・エピソード7を製作[動画] | RBB TODAY

ルーカスフィルムがディズニー傘下へ……スター・ウォーズ・エピソード7を製作[動画]

 ウォルト・ディズニー・カンパニーは30日、ルーカスフィルム社を買収することで同社と合意した、と発表した。買収額は40億5000万ドル、約3200億円。合わせて“スター・ウォーズ・エピソード7”の製作も明らかにされた。

エンタープライズ 企業
ルーカスフィルムがディズニー傘下へ(動画キャプチャ)
  • ルーカスフィルムがディズニー傘下へ(動画キャプチャ)
  • ルーカスフィルムがディズニー傘下へ(動画キャプチャ)
 ウォルト・ディズニー・カンパニーは30日、ルーカスフィルム社を買収することで同社と合意した、と発表した。ルーカスフィルムは会長で創立者のジョージ・ルーカスが資本の100%をもつ。買収額は40億5000万ドル、約3200億円。合わせて“スター・ウォーズ・エピソード7”の製作も明らかにされた。

 “エピソード7”は2015年公開を目標とする。サーガはさらに未来へ続く予定だ。ジョージ・ルーカスは、「スター・ウォーズ」を新しい世代の映画製作者に譲る時が来た、という。「スター・ウォーズがこの先も発展し続けるだろうということは、今までずっと信じてきた。自分自身で世代交代をすることが重要だと思った」。

 サンフランシスコに本拠を置くルーカスフィルムは、ルーカスアーツ、インダストリアル・ライト&マジック(ILM)、スカイウォーカー・サウンドを傘下に持つ。ルーカスフィルムの現共同会長キャスリーン・ケネディは新たにルーカスフィルムの社長となり、ディズニーグループ内ではウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長が担当となる。ルーカスフィルムの現社員の雇用形態は変わらない。

 ケネディは、スター・ウォーズ関連の映画のエグゼクティブ・プロデューサーとなる。ジョージ・ルーカスはクリエイティブ・コンサルタントとして協力する。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top