日立、「日立クラウド基盤導入ソリューションPowered by Apache CloudStack」提供開始 | RBB TODAY

日立、「日立クラウド基盤導入ソリューションPowered by Apache CloudStack」提供開始

 日立製作所は29日、仮想サーバ環境や大規模データの分散処理を行うHadoop環境などを提供するためのクラウド基盤を構築する「日立クラウド基盤導入ソリューションPowered by Apache CloudStack」を発表した。大学や研究機関などに向け、11月1日から提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
仮想サーバーの利用イメージ
  • 仮想サーバーの利用イメージ
  • 価格・提供開始時期
 日立製作所は29日、仮想サーバ環境や大規模データの分散処理を行うHadoop環境などを提供するためのクラウド基盤を構築する「日立クラウド基盤導入ソリューションPowered by Apache CloudStack」を発表した。大学や研究機関などに向け、11月1日から提供を開始する。

「日立クラウド基盤導入ソリューションPowered by Apache CloudStack」は、仮想サーバ環境や複数のサーバをまとめたクラスタパッケージによるMPI(Message Passing Interface)環境、Hadoopなどの分散処理環境、さらにはオンラインストレージやブログなどを、クラウドサービスとして学生や研究者へオンデマンドで提供可能とするソリューション。オープンソースソフトウェアである「Apache CloudStack」をベースに開発された。

 具体的には、「Apache CloudStack」の標準機能に加え、Shibboleth(シボレス)認証に対応することで組織内の他システムと連携したシングルサインオンを可能とした。また、Hadoopなど分散処理ソフトウェアを仮想サーバ環境において稼働させる際に課題となっていた、ストレージへの負荷の平準化などを行う処理機能が追加されている。

 なお本ソリューションは九州大学で先行利用されており、約200名の研究者に対し高性能なITリソースを最短5分程度で付与することが可能になったとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top