キングコング西野、思わぬ災難と“過去恋愛イジリ”にタジタジ | RBB TODAY

キングコング西野、思わぬ災難と“過去恋愛イジリ”にタジタジ

エンタメ ブログ

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、公衆トイレに閉じ込められるという災難に見舞われたことを自身のTwitter上で実況報告した。しかし、西野にとって本当の災難は閉じ込められたトイレの陰に隠れていたようだ。

 西野は23日、「鍵が壊れて、公衆便所から出れなくなってしまいました。誰か助けてください」とツイートし、フォロワーに救助を求めた。もちろん、当の本人にとっては困った事態だったろうが、フォロワーからは「昨日会っておいてよかったー」「今まで、ありがとう」と真剣に取り合ってはもらえず、自身も「便所で最期を迎えるような男ではありません!」乗ってしまうあたり、お笑い芸人の悲しい性といったところか。しかも、フォロワーの中には思わぬ“伏兵”、芸能リポーターの井上公造が隠れており、井上はここぞとばかりに「○○○の神様を呼んでください」と、トイレに掛け、過去の恋愛ネタを持ち出して返信した。

 すると、そのほかのフォロワーも井上に賛同し、「トイレをきれいにしてみたらどうですか??」などと便乗のツイート。西野にとってはトイレに閉じ込められたことよりも事態を悪化させることになってしまった井上によるまさかの“ぶっ込み”にはさすがに、「あなたがイジリだしたら最後だぞ!!」とやり返すも、悲しいかなトイレの中。「スンマセン~ネタふりかと思いました」と動じない井上に、「だとしても、公造さんのパンチは重いですよ!」と苦情を返すのがやっとだった。

 結局、その後に通りがかった人の協力を得て無事にトイレから脱出することができたようだが、西野にとってはとんだ災難となってしまった。「あなたに笑いの神様が降りてきているのです」と井上に諭されても、「神様って基本的にはトイレまわりにいるんですね」とつぶやくしか無かったようだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top