ヤフーとソフトバンクテレコム、新O2Oサービス「ウルトラ集客」開始 | RBB TODAY

ヤフーとソフトバンクテレコム、新O2Oサービス「ウルトラ集客」開始

 ヤフーとソフトバンクテレコムは23日、ネットと実店舗を結びつけ、消費者の来店促進と購買を拡大する、新しいO2O(オンライン・トゥー・オフライン)サービス「ウルトラ集客」を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「ウルトラ集客」の概要イメージ
  • 「ウルトラ集客」の概要イメージ
  • 「CouponGATE」外観
 ヤフーとソフトバンクテレコムは23日、ネットと実店舗を結びつけ、消費者の来店促進と購買を拡大する、新しいO2O(オンライン・トゥー・オフライン)サービス「ウルトラ集客」を開始した。

 「ウルトラ集客」では、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」上で情報露出を行うとともに、ソフトバンクテレコムが構築・運用するクーポン発券機、クラウド上に蓄積したデータを組み合わせたO2Oサービスとなる。「Yahoo! JAPAN」のトップページを含むサービスページ上で、飲料・食品・日用品メーカーなどのクライアント企業の商品情報について大量の告知を行うことで、商品への認知と関心を高めるとともに、店頭にある商品と交換ができるといった、お得なクーポン情報などの特典を訴求し、実店舗への誘導を促進する。

 「Yahoo! JAPAN」上での告知から、PCやスマートフォンなどで特典のバーコードを受け取った消費者は、店舗に設置されたバーコードの読み取り・発券機「CouponGATE(クーポンゲート)」から、クーポンなどの特典の引き換え券を受け取り、レジで商品と交換可能となる。

 サービスはソフトバンクテレコムが主導し、ヤフーは共同事業者として、Yahoo!JAPANのPCおよびスマートフォンのサイト上でのキャンペーン告知をはじめとするプロモーションの運用管理を行う。ソフトバンクテレコムは、「CouponGATE」を全国の大手総合スーパーをはじめ、主要なスーパーマーケットやドラッグストアなど5,000を超える店舗に順次設置する。さらに、「CouponGATE」で収集したデータをソフトバンクモバイルの携帯電話網などを通してクラウド上に蓄積し、さまざまな角度から分析、クライアント企業にもマーケティングデータとしてフィードバックするとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top