東京モノレール車内でも「au Wi-Fi SPOT」、「Wi2 300」の利用が可能に | RBB TODAY

東京モノレール車内でも「au Wi-Fi SPOT」、「Wi2 300」の利用が可能に

ブロードバンド 回線・サービス

東京モノレール
  • 東京モノレール
  • 東京モノレール
  • 東京モノレール 路線図
 東京モノレール、KDDI、およびUQコミュニケーションズの3社は19日、東京モノレールが運営する車両内において、auスマートフォンでインターネット通信が利用できる公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を開始すると発表した。また、auスマートフォン以外のユーザーでも利用できるよう、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービス「Wi2 300」も同時に提供する。

 導入はまず1編成からスタートし、2013年3月末までに8編成、さらに2014年3月末までに全20編成に導入する予定。なお、全車両、全駅にWi-Fi SPOTを導入するのは国内初とのこと。

 東京モノレール全11駅の駅構内においては、KDDIは「au Wi-Fi SPOT」、Wi2は「Wi2 300」を既に提供中。また、UQは、走行区間 (トンネル区間の一部を除く)、全駅でWiMAXサービスを提供している。今回、東京モノレール、KDDI、UQ、Wi2の4社は、更なる利便性向上を図るため、走行中の車内でも「au Wi-Fi SPOT」及び「Wi2 300」によるインターネットを利用できるよう、車両内にWiMAXをバックホール回線とした公衆無線LANアクセスポイントを協力し設置することに合意した。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top