「マルチバンドは大変ですよ」……KDDI田中社長、一問一答(後編) | RBB TODAY

「マルチバンドは大変ですよ」……KDDI田中社長、一問一答(後編)

 17日、au 2012冬モデル発表会に出席したKDDIの田中孝司社長は、囲み取材の中で「マルチバンドは大変ですよ」と語り、ソフトバンクの2.1GHz帯とイーアクセスの1.7GHz帯を利用したシームレスなネットワークが、簡単には実現しないとの考えを示した。

エンタープライズ モバイルBIZ
KDDIの田中孝司社長
  • KDDIの田中孝司社長
  • au 2012年冬モデルスマートフォン
  • ゲストとのフォトセッション
  • 来年3月までに、75Mbpsエリアの実人口カバー率を96%にすると宣言した
 17日、au 2012冬モデル発表会に出席したKDDIの田中孝司社長は、囲み取材の中で「マルチバンドは大変ですよ」と語り、ソフトバンクの2.1GHz帯とイーアクセスの1.7GHz帯を利用したシームレスなネットワークが、簡単には実現しないとの考えを示した。

 囲み取材における記者団との主な一問一答は以下の通り(前編の続き)。

――LTEの垂直立ち上げの時、UQをやった経験が生かされている?

 CDMAは、基地局をいい加減に建てても(通信)方式がカバーしてくれる。LTEは、エリア構築においては2Gのテクノロジーに似ているので、非常に干渉を気にしなければならないネットワーク。ドコモさんが苦労しているのもそういうことだと思っている。我々はUQでそういうノウハウを蓄積しているので、一つ前にいっていると思う。

――マルチバンドで運用するノウハウもあるかと思うが、その辺のアドバンテージはある?

 マルチバンドは大変(笑)。イーアクセスさんの1.7GHzとソフトバンクさんの2.1GHzをシームレスに繋ぐのは、そんなに簡単にはいかない。わりと素人さん的にみると簡単なように思われるかもしれないが、一応、私は田中プロと言われているので(笑)。

――UQは現状のまま?

 UQは、新たな周波数が欲しくてたまらないのが現状。なかなか割当が進んでこないので、“ちょっとなんとかしてよ”と言っていた。

――UQの子会社化や買収する予定は?

 現状では何とも言えない、今30%ぐらいエリアを持っているが、他の株主さんもいらっしゃるので。

――ソフトバンクの海外進出は、顧客を奪いにいけるチャンスなのでは?

 そういった戦いではなく、決めるのは我々ではなくお客様。お客様にとって“いいよね”ということを、気合いをいれてやらなければならない。確かにスマホの差別化はより厳しくなっているので、ネットワークに関して投資していくとか、地味な活動が重要視されるのではないか。

――ガラケーのニーズもあるかと思うが?

 色々準備している。そういったお客様に対しても、スマホの世界で楽しんで頂けて、ガラケーの良さを残したものを準備している。

――今回の新商品は、iPhoneが使う2.1GHz帯に対応していないが?

 ネットワークの構築はだいぶ前から準備している。iPhoneとAndroidでは、流れがまだシームレスになっていない。次の段階ではシームレスになっていくので、今後の発展を期待して欲しい。

――iPhoneの実人口カバー率は公表しない?

 どこがカバーしたというのはホームページにガンガン公表していきたい。ちょっと先が見えたらお知らせしていく。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top