シマンテック、クラウドおよびビッグデータに対応する組込み型ウイルススキャン新製品を発表 | RBB TODAY

シマンテック、クラウドおよびビッグデータに対応する組込み型ウイルススキャン新製品を発表

エンタープライズ セキュリティ

Protection Engine for Cloud Services紹介ページ
  • Protection Engine for Cloud Services紹介ページ
  • Protection Engine for Network Attached Storage紹介ページ
 シマンテックは12日、クラウドおよびビッグデータ市場ニーズにあわせた、2種類の組込み型ウイルススキャンソリューションの新製品「Symantec Protection Engine For Cloud Services」および「Symantec Protection Engine For Network Attached Storage」を発表した。

 中核となる「Symantec Protection Engine」は、メールスキャン、ファイルスキャンに加え、URLフィルタリングを用いたウェブスキャン機能も実装している。今回新たに、シマンテックが買収したWebコンテンツ分類サービスプロバイダ「RuleSpace」のURL情報を既存のデータベースと連携させたことで、URLフィルタリングも強化されている。またマルチスレッドとインメモリスキャンの対応により、高速なウイルススキャンを実現した。実際にインターネットサービスプロバイダを通過するメールをサンプリングした結果、98%のファイルを僅か1秒以内でスキャンすることに成功したという。

 「Symantec Protection Engine For Cloud Services」は、クラウドサービスプロバイダなどの事業者およびクラウドサービスを社内構築する企業を対象とした製品。たとえば、SMTPメールや携帯メール、インターネット上のWebアクセスやファイルダウンロード、オンラインストレージのファイル利用などのアプリケーションを脅威から保護できる。価格は最小構成で1,160円(ユーザーサブスクリプション12か月,税別)。

 「Symantec Protection Engine For Network Attached Storage」は、Network Attached Storage(NAS)の保護を対象とした製品。遠隔地に設置されたストレージなど、物理的に管理が難しい場合でも、脅威を迅速に検知・駆除することで、社内のウイルス感染を防ぐことができる。価格は最小構成で2,320円(ユーザーサブスクリプション12か月,税別)。

 いずれもLinux、SolarisおよびWindowsを含む複数のOSをサポートする。Symantec Protection Engine for Cloud Servicesでは、コマンドライン、C/Java/C#など多様なSDKも提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top