住友商事、世界最大級の太陽光発電事業へ参画……太陽光パネル約900万枚を敷設 | RBB TODAY

住友商事、世界最大級の太陽光発電事業へ参画……太陽光パネル約900万枚を敷設

エンタープライズ 企業

プロジェクト所在地
  • プロジェクト所在地
  • 事業概要
 住友商事と米国住友商事会社は3日、米国における太陽光発電事業へ初参画することを発表した。米国カリフォルニア州パームスプリングス近郊の約16平方キロメートルの米国政府の所有地に、約900万枚の薄膜太陽光パネルを敷設するもの。

 この事業は、設備容量550MW、総事業費約23億米ドルと太陽光発電事業としては世界最大規模となる。2013年後半に部分売電を開始し、以降も発電容量を積み上げ、2015年春の完工を予定している。

 住友商事グループは25パーセントを出資し、パートナーであるNextEra EnergyおよびGE Energy Financial Servicesとともに事業主体となる。発電する電力は一般家庭約16万世帯以上の使用電力量に相当し、この電力は米国大手電力会社Southern California Edison、Pacific Gas & Electric Companyとの間で長期売電契約を締結済みとのこと。カリフォルニア州では、2020年までに全発電量の33パーセントを再生可能エネルギー電力の調達とすることを電力業者に義務付けており、本件は同目標の達成にも大きく貢献する見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top