インテル、タブレット端末向けAtomプロセッサ「Clover Trail」発表 | RBB TODAY

インテル、タブレット端末向けAtomプロセッサ「Clover Trail」発表

エンタープライズ ハードウェア

インテルAtomプロセッサ「Z2760」紹介ページ
  • インテルAtomプロセッサ「Z2760」紹介ページ
  • Z2760の構成
  • Z2760の仕様
 インテルは28日、Windows 8搭載タブレット端末向けの最新のインテルAtomプロセッサー「Z2760(開発コード名:Clover Trail)」を発表した。

 インテル Atom プロセッサーZ2760は、薄さ8.5mm、重さ約680gを実現しており、インテル・アーキテクチャーで最薄・最軽量のタブレット端末を可能とするプロセッサーとなる。デュアルコア・プロセッサーながら4スレッド動作が可能なシステム・オン・チップ (SoC) により、インターネットに接続された状態での待受バッテリー寿命は3週間以上を実現、10時間以上のHD動画再生が可能となっている。

 またZ2760は、企業のコンピューティング環境にシームレスに統合できるようになっており、セキュア・ブートおよびファームウェア・ベースのインテル プラットフォーム・トラスト・テクノロジー(インテル PTT)が提供される。

 インテル コーポレーション モバイル & コミュニケーションズ事業部 アプリケーション・プロセッサー・プラットフォーム担当部長のエリック・リード氏は「これはタブレット市場における当社の取り組みの始まりにすぎません。当社の目標は、互換性、使用感、バッテリー駆動時間などを犠牲にすることなく、消費者と企業ユーザーの進化し続ける幅広いニーズに対応する製品を提供することです。インテル・ベースの機器であれば、Windows 8の新機能を最高の操作感で体感できます」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top