バッファロー、凸凹の向きで迷わない「どっちもUSB」採用のUSBハブ | RBB TODAY

バッファロー、凸凹の向きで迷わない「どっちもUSB」採用のUSBハブ

 バッファローは2日、「どっちもUSB」を採用した4ポートUSBハブ「BSH4UD18」シリーズを発表した。販売開始は8月上旬。価格は1942円。ブラック/ホワイト/ブルー/ピンクの4色を用意する。

IT・デジタル 周辺機器
「BSH4UD18」シリーズ・ホワイト
  • 「BSH4UD18」シリーズ・ホワイト
  • ブラック
  • ブルー
  • ピンク
  • USBポート側の「どっちもUSB」の仕組み
  • USBコネクタ側の「どっちもUSB」の仕組み
 バッファローは2日、「どっちもUSB」を採用した4ポートUSBハブ「BSH4UD18」シリーズを発表した。販売開始は8月上旬。価格は1,942円。ブラック/ホワイト/ブルー/ピンクの4色を用意する。

 同製品は、USBの凸凹がどちらを向いていても接続することができる同社製「どっちもUSB」シリーズのUSBハブ。マウスやキーボードをはじめUSB機器を接続するUSBポートと、パソコンなどを接続するUSBコネクタの両方とも「どっちもUSB」を採用する。

 インターフェースはUSB2.0/1.1、対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.2~、USBケーブル長は約9cm、本体サイズは幅93×高さ14×奥行き38.5cm、重さは約40g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top