レノボ、ビジネスノートPC「ThinkPad Edge」にグラフィックス統合型APU搭載機を追加 | RBB TODAY

レノボ、ビジネスノートPC「ThinkPad Edge」にグラフィックス統合型APU搭載機を追加

IT・デジタル ノートPC

「ThinkPad Edge E535」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E535」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E535」アークティック・ブルー
  • 「ThinkPad Edge E435」アルミ・ブラック(光沢なし)
  • 「ThinkPad Edge E435」ヒートウェーブ・レッド
 レノボ・ジャパンは12日、ビジネスノートPC「ThinkPad Edge」シリーズで新たにAMDのAPU Aシリーズを搭載可能な「ThinkPad Edge E535/E435」の2機種を発表した。同社直販サイトにて13日よりカスタマイズ販売を開始する。

 「ThinkPad Edge E535」と「ThinkPad Edge E435」の両機種は、CPUにAMDのグラフィックス統合型APUを搭載可能なノートPC。カスタマイズで用意するのはAPUのAシリーズでA10-4600M(4コア/2.3~3.2GHz/Radeon HD 7660Gを内蔵)/A8-4500M(4コア/1.9~2.8GHz/Radeon HD 7640Gを内蔵)/A6-4400M(2コア/2.7~3.2GHz/Radeon HD 7520Gを内蔵)をラインアップする。

 ほかにメモリは8/6/4/2GB、ストレージは1TB/750GB/500GB/320GB HDDから選択可能。パソコン本体やWindows 7のパフォーマンスを最適化する同社独自の次世代テクノロジー「Lenovo Enhanced Experience 3 for Windows 7」を法人向けバージョンで搭載する。

 本体カラーはアルミ・ブラック/ミッドナイト・ブラック/ヒートウェーブ・レッド/アークティック・ブルーの4色を用意。直販サイトの製品情報ページは13日に公開予定。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top