マイクロソフト、マルチタッチデバイスのPerceptive Pixelを買収 | RBB TODAY

マイクロソフト、マルチタッチデバイスのPerceptive Pixelを買収

エンタープライズ マイクロソフト

Perceptive Pixelが現在販売しているマルチタッチワークステーション
  • Perceptive Pixelが現在販売しているマルチタッチワークステーション
  • Perceptive Pixelが現在販売しているマルチタッチワークステーション
 米マイクロソフトは9日(現地時間)、大画面のマルチタッチデバイスを開発、製造する米Perceptive Pixelを買収したと発表した。買収額など詳細は発表されていない。

 Perceptive Pixelは2006年に設立されたばかりの新しい企業。27~82インチのマルチタッチデバイスを開発、製造しており、同社製のマルチタッチワークステーションをCNNなどの報道機関が採用したことで注目を集めるようになった。

 マイクロソフトでは、「同社の大型タッチディスプレイは、当社のOEMメーカーのハードウェアと組み合わせることでパワフルなWindows 8ベースのPCとなり、生産性を向上させる新しい可能性を開く」としている。すでに報道機関などで利用されている大型タッチディスプレイのOSをWindows 8とすることで、新たな商品開発を行なう可能性が高い。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top