スマホ・タブ・パソコンで共用できるUBSメモリ、凸凹の向きを気にせず挿せるUSBスマホ充電器も | RBB TODAY

スマホ・タブ・パソコンで共用できるUBSメモリ、凸凹の向きを気にせず挿せるUSBスマホ充電器も

IT・デジタル 周辺機器

「RUF3-K/S」シリーズ
  • 「RUF3-K/S」シリーズ
  • 「RUF3-K/S」シリーズでAndroidスマートフォンからUBSメモリにデータコピーするイメージ
  • 「BSMPA13」シリーズの3色バリエーション
  • 「BSMPA13」シリーズでUSBコネクタの凸凹の向きを気にせずUSBポートに挿し込むイメージ
 バッファローは、microUSBケーブルを付属したUSBメモリ「RUF3-K/S」シリーズを発表した。販売開始は7月上旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は16GB「RUF3-K16G-BK/S」が2,480円、8GB「RUF3-K8G-BK/S」が1,980円。

 同製品は、付属のmicroUSBケーブルを使いAndroid搭載スマートフォン/タブレットでも利用できるUSBメモリ。動画や写真、音楽などのファイルをスマートフォン・タブレット・パソコンで共有可能。カーナビでも使用できる。

 無料アプリの「BUFFALO FileAgent」を使い、動画/写真/音楽の3ジャンルにわけてファイルを管理することが可能。インターフェースはUSB3.0/2.0、本体サイズは幅20×高さ9×奥行き55mm、重さは約10gで、ストラップホールを搭載する。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.7~10.4、Android 2.3以降。ただしMac OSとAndroidはUSB3.0に非対応。

 今回は同時に「どっちもUSBポート」採用のスマートフォン充電器「BSMPA13」シリーズを発表した。販売開始は7月上旬。希望小売価格は1,806円。ブラック「BSMPA13BK」/ホワイト「BSMPA13WH」/ピンク「BSMPA13PK」をラインアップする。

 同製品は幅35.1×高さ34.9×奥行き35.1mmのキューブ型デザインコンパクト充電器。USB充電対応のiPhoneやAndroidスマートフォン、携帯ゲーム機やデジカメなどとUSBケーブルで接続し(USBケーブルは付属しない)、ACコンセントから充電を行なえる。重さは約35g。

 大きな特長として、USBコネクタの凸凹の向きを気にせずUSBポートに挿し込むことができる「どっちもUSBポート」を採用。通常のUSBコネクタは上下のどちらか一方が樹脂で埋まっているため、それにあわせてUSBポートへ挿し込む向きも上下のいずれかで決まる。同製品は樹脂部分が上下の中央に位置し、上下に均等の空きがあるため、上下の向きに関係がなくなる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top