新登場するスマートフォンアプリの7割はiOS向け、Flurryが調査結果発表 | RBB TODAY

新登場するスマートフォンアプリの7割はiOS向け、Flurryが調査結果発表

 調査会社のFlurryは7日(現地時間)、iOSとAndroidのアプリ開発に関する調査結果を発表した。新規に開発されているアプリの69%がiOS向けでAndroid向けより圧倒的に多いことがわかった。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
アプリの開発数の推移
  • アプリの開発数の推移
  • よく利用されるタブレットTop3。iPadが圧倒的だ。
  • Androidデバイスは種類が多く、しかも標準とするべき圧倒的なシェアを持つ機種がない
  • iOSの収益性はAndroidより4倍高い
 調査会社の米Flurryは7日(現地時間)、iOSとAndroidのアプリ開発に関する調査結果を発表した。新規に開発されているアプリの69%がiOS向けで、Android向けより圧倒的に多いことがわかった。

 この調査は7万社以上が提供する18万5,000本以上のアプリと1億台の端末、1億2000万人のユーザーについて同社が独自に調べ、集計したもの。四半期ごとの数値が発表されており、2011年の第1四半期にはiOSが63%だった。その後iOSは70%代に増加し、2012年第1四半期にはやや低下して69%となっている。

 このようにiOSが優位である理由として、Flurryは3つの理由をあげている。1つ目は、スマートフォンではAndroidの数が多くても、タブレットではiPadが市場を支配している。そのためiOSアプリは1本開発すればスマートフォンとタブレットの両方の市場に供給できる。

 2つ目の理由は、開発の容易さ。iOSはOSもハードウエアもほぼ単一であるのに対して、Androidは製品ごとに仕様がまちまちで、Android自体もいくつかのバージョンが市場に混在している、そのためAndroidアプリの開発は手間やコストが大きい。

 3つ目は、iOSのほうが収益性が高いこと。アクティブユーザー人から得られる収益を調べると、iOSはAndroidの4倍も収益性が高いという。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top