パナソニック、12.1型モバイルPCの直販夏モデル……Ivy Bridge搭載・スマホ連携 | RBB TODAY

パナソニック、12.1型モバイルPCの直販夏モデル……Ivy Bridge搭載・スマホ連携

IT・デジタル ノートPC

「SX2」ベーシックカラーのシルバーダイヤモンド
  • 「SX2」ベーシックカラーのシルバーダイヤモンド
  • 「SX2」ベーシックカラーのジェットブラック
  • 「SX2」ベーシックカラーのプロミネンスレッド
  • 「SX2」ベーシックカラーのライトニングオレンジ
  • 「SX2」ベーシックカラーのファンタズムパープル
  • 「SX2」プレミアムカラーのスターダストブラック
  • 「SX2」プレミアムカラーのマリアナブルー
 パナソニックは、ノートPC「Let'snote(レッツノート)」の直販サイト「マイレッツ倶楽部モデル」の2012年夏モデル「SX2/NX2」を発表。6月8日の発売に向けて予約受付を開始した。

 4機種をラインアップし、価格(軽量Sバッテリ/Lバッテリ)は、DVDスーパーマルチドライブ搭載「SX2」シリーズの「CF-SX2 プレミアムエディション」が241,000円~/246,000円~、「CF-SX2 ハイパフォーマンスモデル」が190,450円~/195,450円~。

 DVDスーパーマルチドライブ非搭載「NX2」シリーズの「CF-NX2 プレミアムエディション」が291,000円~/296,000円~、「CF-NX2 ハイパフォーマンスモデル」が185,450円~/190,450円~。

 両シリーズともプレミアムモデルは第3世代Coreファミリー(開発コード名:Ivy Bridge)のCore i7-3520M vPro(2.9~2.6GHz)、ハイパフォーマンスモデルには第3世代Core i5-3320M vPro(2.6~3.3GHz)を搭載。バッテリ駆動時間を春モデルに比べ約2時間延長した。

 店頭モデルと同様、専用ユーティリティ「スマートアーチ」を標準搭載。スマートフォンからスリープ中のレッツノートをリモート操作できるほか、ファイルコピーしてスマートフォンで参照することが可能。スマートフォンの急速充電に対応するなど、同社製スマートフォンと連携する。

 OS起動までの時間を短縮化する「クイックブートマネージャー」を搭載。両シリーズのプレミアムエディションでSSD搭載モデルの場合、「クイックブートマネージャー」と高速SSDにより最短約10秒の起動を可能とした。

 「マイレッツ倶楽部」ならではの特長として「指紋センサー」を標準搭載。天板カラーはシルバーダイヤモンド/ジェットブラック/プロミネンスレッド/ライトニングオレンジ/ファンタズムパープルというベーシックカラーに加え、プレミアムカラーのスターダストブラック/マリアナブルーを選択できる。

 おもな仕様として、「CF-SX2 プレミアムエディション」はメモリが8GBで、ストレージは256GB SSD/640GB HDDの選択。「CF-SX2 ハイパフォーマンスモデル」はメモリが4GB、ストレージが640GB HDD。「CF-NX2 プレミアムエディション」はメモリが8GB、ストレージが256GB SSD。「CF-NX2 ハイパフォーマンスモデル」はメモリが4GB、ストレージが640GB HDD。

 共通で解像度1,600×900ピクセルの12.1型液晶ディスプレイを搭載。ワイヤレスはWi-Fi+WiMAXにBluetooth。バッテリ駆動時間は、SSDモデルのSバッテリ搭載が約9時間で同Lバッテリが約18時間、HDDモデルのSバッテリ搭載が約8.5時間で同Lバッテリが約17時間。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top