「MyJVNバージョンチェッカ」活用で対策強化を……5月のウイルス・不正アクセス状況[IPA] | RBB TODAY

「MyJVNバージョンチェッカ」活用で対策強化を……5月のウイルス・不正アクセス状況[IPA]

 情報処理推進機構(IPA)は5日、2012年5月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書を公開した。

ブロードバンド セキュリティ
「MyJVNバージョンチェッカ」初期画面
  • 「MyJVNバージョンチェッカ」初期画面
  • パソコン利用者を狙ったウイルス感染攻撃のイメージ図
  • 5月のウイルス検出数とウイルス届出件数
  • 不正プログラムの検知件数推移
 情報処理推進機構(IPA)は5日、2012年5月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況、および「今月の呼びかけ」を取りまとめた文書を公開した。

 それによると、5月のウイルスの検出数は2万0236個で、4月の1万0339個から95.7%と大幅な増加を見せた。届出件数は970件で、4月の732件から32.5%の増加となった。検出数1位はW32/MyDoomで9,688個 、2位がW32/Netskyで7,934個、3位がW32/Mytobで1190個となった。

 不正アクセス届出は10件であり、そのうち6件で被害が発生した。5月のウイルス・不正アクセス関連相談総件数は934件。そのうち『ワンクリック不正請求』に関する相談が243件(4月:131件)の他、『偽セキュリティ対策ソフト』に関する相談が21件(4月:26件)、Winnyに関連する相談が3件(4月:7件)などとなった。

 またIPAでは今月の呼びかけ「 ソフトウェアの自動更新を利用しましょう! ~MyJVNバージョンチェッカとの合わせ技で、ウイルス対策をより強固に!~」として、ソフトウェアを定期的に更新して最新状態に保つように注意喚起。今月は、更新頻度が高いソフトウェアであるWindows、Java、Flash Player、Adobe Readerの4つについて、「ソフトウェアの自動更新」を設定するよう呼びかけている。

 なおIPAでは、複数のソフトウェアのバージョン情報を同時に、簡単に調べることができ、更新に必要な詳細情報を表示する「MyJVNバージョンチェッカ」を無償で公開している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top