すばる望遠鏡、太陽の1兆倍のエネルギーを放射する「ウルトラ赤外線銀河」の謎を解明 | RBB TODAY

すばる望遠鏡、太陽の1兆倍のエネルギーを放射する「ウルトラ赤外線銀河」の謎を解明

ブロードバンド テクノロジー

すばる望遠鏡の主焦点カメラ Suprime-Cam で撮影したアープ 220 の可視光写真
  • すばる望遠鏡の主焦点カメラ Suprime-Cam で撮影したアープ 220 の可視光写真
  • アープ220の力学的進化をまとめた図
 国立天文台によると、すばる望遠鏡を用いた観測によって、太陽の1兆倍ものエネルギーを赤外線で放射しているウルトラ赤外線銀河の代表格であるアープ220が、4個以上の銀河の多重合体である証拠が発見されたという。発見したのは、愛媛大学宇宙進化研究センターの谷口義明センター長を中心とした研究チーム。

 ウルトラ赤外線銀河は、激しい星生成活動の後、巨大ブラックホールをエネルギー源として非常に明るい放射をする、クエーサーと呼ばれる天体に進化すると考えられている。

 これまでは単純に2個の銀河が合体することでウルトラ赤外線銀河が形成されたと考えられていたが、宇宙には銀河数個が群れている銀河群が多数あり、今回の発見は、1つの銀河群に含まれる全ての銀河が合体し、ウルトラ赤外線銀河に進化したことを示しているとのこと。

 今回の研究成果は、宇宙における多様な銀河進化の新たな一面を明らかにしたもので、ウルトラ赤外線銀河の成因に新たな知見を与えるものと期待されている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top