IIJ、自販機デジタルサイネージに緊急地震速報などを配信するソリューションを発表 | RBB TODAY

IIJ、自販機デジタルサイネージに緊急地震速報などを配信するソリューションを発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

システム構成イメージ
  • システム構成イメージ
  • 「ワイヤレスジャパン2012」IIJブースのイメージ
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は24日、自動販売機などに併設されたデジタルサイネージに対して、緊急地震速報や津波情報などの災害情報や、独自コンテンツを配信する「災害情報連動型コンテンツ配信ソリューション」を発表した。2012年夏を目処に提供を開始する。

 自動販売機に併設されたデジタルサイネージは、万一の災害時における情報伝達手段として、昨今注目されている。本ソリューションを利用することで、通常時は独自のコンテンツを表示するための媒体として、災害時には災害情報を共有するための媒体として、自動販売機を最大限有効活用できるとのこと。

 配信するコンテンツの追加、編集などを行うコンテンツ管理システム(CMS)、自動販売機に併設されたデジタルサイネージ機能と配信サーバが通信するためのインターネット回線など、デジタルサイネージへの情報配信に不可欠となる様々なコンポーネントをワンストップで提供する。主に、自治体などの公共施設で利用されるデジタルサイネージを想定しており、配信サーバやコンテンツ管理システムをIIJがクラウド型で提供する。

 IIJでは本ソリューションを活用して、ダイドードリンコが展開する「災害救援自販機」に対して、災害情報の配信を行うための配信システムや通信環境などをトータルに提供する予定。なお5月30日から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2012」のIIJブース内で参考展示される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top