レノボ、企業向けノートPC「ThinkPad」に新クラウドサービスに対応する15.6・14型 | RBB TODAY

レノボ、企業向けノートPC「ThinkPad」に新クラウドサービスに対応する15.6・14型

IT・デジタル ノートPC

「ThinkPad Edge E530」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E530」ミッドナイト・ブラック
  • 「ThinkPad Edge E430」ヒートウェイブ・レッド
  • ミッドナイト・ブラック天板部分
  • アルミ・ブラック(光沢なし)天板部分
  • アークティック・ブルー天板部分
  • ヒートウェイブ・レッド天板部分
 レノボ・ジャパンは15日、企業向けノートPCThinkPad」シリーズより、Core i3-2370Mを搭載した15.6型「ThinkPad Edge E530」と、14型「ThinkPad Edge E430」を発表した。

 販売開始は「ThinkPad Edge E530」が5月上旬、直販限定モデルの「ThinkPad Edge E430」が16日。

 両機種とも仕様違いのモデルを用意し、価格は「ThinkPad Edge E530」が58,800円~92,400円。「ThinkPad Edge E430」が最小構成で53,000円前後を予定している。

 「ThinkPad Edge E530」と「ThinkPad Edge E430」はディスプレイの違いを除き同様で、2機種とも上位モデルは、CPUにデュアルコアのCore i3-2370M(2.3GHz)を搭載し、下位モデルにはCeleron B815(1.6GHz)を搭載する。また、グラフィックスにNVIDIA GeForce GT 630M(最大1.2GHz、メインメモリと共有)を搭載し、静止画や動画を用いた資料の作成に適しているという。

 特徴として、同日発表された新サービス「Lenovo Cloud Storage by SugarSync」に対応。同サービスは同期型のオンラインストレージサービスで、サインアップすることで、最大5GBまでのデータをクラウド上に保管し、複数の端末で共有・同期できる。また、Windows 7/Androidを搭載したスマートフォンなどのモバイル端末にも対応し、クラウド上のデータをモバイル端末でも共有可能。

 2機種の共通仕様として、OSはWindows 7 Professional 32ビット版 SP1。メモリは2GB(最大8GB)、ストレージは1TBのHDD。光学ドライブはDVDスーパーマルチ。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth 4.0。インターフェースはHDMI/USB3.0×3/USB2.0/マイク/ヘッドホン/セキュリティスロット/4in1カードリーダーなど。

 本体サイズ/重さは、「ThinkPad Edge E530」が幅377×高さ29.54(最薄部)×奥行き245mm/約2.47kg、「ThinkPad Edge E430」が幅339×高さ27.38(最薄部)×奥行き234mm/約2.15kg。

 カラーバリエーションはミッドナイト・ブラック/アルミ・ブラック(光沢なし)/ヒートウェイブ・レッド/アークティック・ブルーの全4色。
《丸山》

関連ニュース

特集

page top