富士通、タブレット端末&クラウドを活用する学習スタイルの研究を中学校で開始 | RBB TODAY

富士通、タブレット端末&クラウドを活用する学習スタイルの研究を中学校で開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

和歌山市立城東中学校のICT基盤のイメージ
  • 和歌山市立城東中学校のICT基盤のイメージ
  • デジタルノートアプリケーションのイメージ
  • 重ね合わせのイメージ
  • レイヤーごと、利用者ごとの権限設定
 和歌山県和歌山市教育委員会と富士通は11日、タブレット端末「ARROWS Tab Wi-Fi」とクラウドを活用した学習に関する実証研究を開始した。総務省の「フューチャースクール推進事業」の一環として行われるもの。

 この研究では、和歌山市立城東中学校で、生徒がひとり1台の「ARROWS Tab Wi-Fi」を携行し、タブレット端末とクラウドの特性を生かした学び方や指導方法の検証を行う。グループ学習や課外学習での情報収集・分類・整理などに使用するもので、学習教材や生徒が撮影した写真に、手書きで自由に書き込みを行うことができる、新開発の専用デジタルノートアプリケーションが提供される。

 Wi-Fi機能とクラウドを活用することで、校外でも学校と同じ環境で学習できるため、生徒ひとりひとりの学習進捗にあわせた授業の振り返りや、復習が可能。たとえば、本端末を用いてテストをする場合、教材データとは別のレイヤーに答案を書き込み、オリジナルの教材データには変更を加えずに保存するので、繰り返し学習が可能だという。また、本アプリを利用して、複数の手書きデータを重ね合わせた表示を行い、効率的なグループ学習や、ドリル教材やテストの繰り返し学習なども可能となる。

 同中学校では、この仕組みを利用し、5月11日から行われる海外修学旅行中の生徒と、インターネットを介したコミュニケーションなども行う予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top