SBモバイル、次世代高速データ通信「FDD-LTE」を今秋から展開 | RBB TODAY

SBモバイル、次世代高速データ通信「FDD-LTE」を今秋から展開

エンタープライズ モバイルBIZ

 ソフトバンクモバイルは2日、次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始することを発表した。対応スマートフォン向けには、月額5,985円のパケット定額で提供する。

 同社では、次世代高速データ通信サービスとして、ウィルコムの技術を基盤とした「AXGP」(Advanced eXtended Global Platform)を現在展開しているが、今秋より新たに「FDD-LTE」(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)の展開を開始する。対応エリアは全国の主要都市から順次拡大する予定。月額5,985円のパケット定額で提供し、データ量が7GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信最大128Kbpsに制限する方式で提供する。別途申し込みで制限の解除は可能(7GB超過後、2GBごとに2,625円)。

 今後は、次世代の高速データ通信サービスに対応するスマートフォンのラインアップを充実させるとのこと。なお、タブレット端末などにも、同額の利用料金で提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top