キヤノン、スマホ・クラウド連携で使い勝手が広がるインクジェット複合機 | RBB TODAY

キヤノン、スマホ・クラウド連携で使い勝手が広がるインクジェット複合機

IT・デジタル 周辺機器

「PIXUS MX893」
  • 「PIXUS MX893」
  • 「PIXUS MX513」
 キヤノンは、インクジェット複合機「PIXUS」シリーズより、ビジネス向けの新製品として「PIXUS MX893」と「PIXUS MX513」の2機種を発表した。販売開始は「PIXUS MX893」が5月下旬、「PIXUS MX513」が4月下旬。

 価格はオープンで、同社直販サイト価格は「PIXUS MX893」が29,980円、「PIXUS MX513」が19,980円。

 両製品は自動原稿送り装置「ADF」を搭載し、「PIXUS MX893」は最大35枚、「PIXUS MX513」は最大30枚の連続読み取りが可能。また、無線/有線LAN機能を備え、1台のプリンタを複数台のパソコン/スマートフォン/iPadなどのタブレットで共有できる。

 共通の特徴として、コピーやファックスなどの使用機能に応じて、操作パネルの表示が切り替わる「Dual Function Panel」を搭載。ファックス送信時はテンキー中心の表示するなど、素早く的確な操作が可能という。

 「PIXUS MX893」は、クラウドサービスやスマートフォンとの連携を強化した上位機種で、「PIXUS クラウドリンク」に対応する。「PIXUS クラウドリンク」ではクラウド上の定型フォーム(ファックス送信表・カレンダーなど)が利用可能で、液晶ディスプレイでの操作でパソコンを介さずに印刷ができる。オンラインフォトアルバムに保存した画像など、クラウド上にあるデータの印刷も可能。

 そのほかに「PIXUS MX893」の特徴として、Googleが提唱するドライバー不要の印刷サービス「Google クラウドプリント」にも対応し、外出先からでもGmailの本文や添付ファイル、Googleドキュメントに保存したファイルを印刷することができる。

 「PIXUS MX893」のおもな仕様として、解像度は9,600×2,400dpi。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth v2.0。インターフェースはHi-Speed USB。用紙サイズはA4~A5/リーガル/封筒/ハガキなどで、普通紙は最大150枚、はがきは最大40枚積載可能。本体サイズは幅491×高さ218×奥行き448(トレイ類を除く)、重さは約11.7kg(プリントヘッド、インクタンクを含む)。

 「PIXUS MX513」のおもな仕様として、解像度は4,800×1,200dpi。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth v2.0。インターフェースはHi-Speed USB。用紙サイズはA4~A5/リーガル/封筒/ハガキなどで、普通紙は最大100枚、はがきは最大40枚積載可能。本体サイズは幅458×高さ200×奥行き385(トレイ類を除く)、重さは約8.8kg(プリントヘッド、インクタンクを含む)。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top