ドコモ、手のひらサイズのXi対応モバイルWi-Fiルーター「BF-01D」を23日に発売 | RBB TODAY

ドコモ、手のひらサイズのXi対応モバイルWi-Fiルーター「BF-01D」を23日に発売

IT・デジタル 周辺機器

「BF-01D」
  • 「BF-01D」
  • 「BF-01D」
  • 自動ダウンロードのイメージ
  • 自動アップロードのイメージ
 NTTドコモは16日、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの高速通信「Xi(クロッシィ)」に対応したモバイルWi-Fiルーター、「BF-01D」を23日に発売すると発表した。

 「BF-01D」は、「Xi」、FOMA、無線LAN、有線LANの4種に対応、FOMAエリアでも、下り最大14Mbpsの通信が可能で、公衆無線LANスポットに対応したエリアでは、自動で回線の切換えが行われる。なお、ドコモ公衆無線LANサービスを利用するには、別途mopera UのU「公衆無線LAN」コースを契約する必要がある。

 16GBの内蔵メモリを搭載しており、ニュースや動画などのコンテンツを自動ダウンロードしておいて、地下鉄などオフライン環境下で楽しむことや、デジカメの写真や動画データを内蔵メモリに保存した後にオンラインフォトアルバムサイトへ自動アップロードすることができる。最大12台までのWi-Fi機器を接続でき、異なるセキュリティレベルの機器であっても、それぞれの暗号化レベルで混在利用が可能。

 本体サイズは約68×約108×約23mm、重さは約193g。連続待受時間は約30時間、連続通信時間は3Gで約5.5時間、LTEで約4時間となっている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top