マグネット付きで世界最小クラスをうたう昭和レトロ調トイデジ | RBB TODAY

マグネット付きで世界最小クラスをうたう昭和レトロ調トイデジ

IT・デジタル フォトレポート

おしゃれに持ち歩くイメージ
  • おしゃれに持ち歩くイメージ
  • 超小型ボディのイメージ
  • 「CHOBi CAM retro with マグネット」(型番:CHOBICAMRM)の前面と背面
  • microSD/microSDHCカードを挿入するイメージ
  • 付属のUSBケーブルでパソコンと接続するイメージ
 日本トラストテクノロジーは16日、マグネット付きで手のひらに収まる小型トイデジ「CHOBi CAM retro with マグネット」(型番:CHOBICAMRM)を販売開始した。価格はオープンで、同社直販サイト価格は3,980円。

 同製品は、トイデジのなかでもマグネット付きモデルとして世界最小クラスをうたう(2012年3月現在、同社調べ)。本体サイズは幅44×高さ35×奥行き18mm、重さは約17gで、手のひら収まる消しゴムサイズ。本体背面に磁石を内蔵し、冷蔵庫や黒板などに貼りつけて撮影することができる。

 デザインは昭和の銀塩フィルム全盛期を思わせるレトロ調。解像度1,280×1,024ピクセルのJEPG静止画のほか、同720×480ピクセル(最大24コマ/秒)のAVI動画撮影にも対応。内蔵バッテリへの充電はUSBバスパワー(USB2.0)で、フル充電時の動画連続撮影時間は最大約35分。記録メディアは最大32GBのmicroSD/microSDHCカード。

 付属品はUSBケーブル/ストラップなど。USBケーブルでパソコンと接続することで内蔵バッテリを充電できるほか、トイデジ本体に差し込んだmicroSD/microSDHCカードを外部ストレージとして認識させることも可能となっている。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top