メダルゲームサイト「ウェバケード」、Androidスマホ向けmixiアプリの提供を開始 | RBB TODAY

メダルゲームサイト「ウェバケード」、Androidスマホ向けmixiアプリの提供を開始

ブロードバンド その他

スマートフォン版mixiアプリ「ウェバケード」
  • スマートフォン版mixiアプリ「ウェバケード」
  • スマートフォン版mixiアプリ「ウェバケード」
  • スマートフォン版mixiアプリ「ウェバケード」
  • PC版「ウェバケード」のトップページ
 オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは6日、ミクシィが運営する「mixi platform」にて、Androidスマートフォン版mixiアプリ「ウェバケード」の提供を開始した。

 「ウェバケード」は、メダルゲームをプレイしてメダルを増やし、ランキングを争うゲームサイト。毎日50~200枚のフリーメダルが発行され、無料で利用可能。成績優秀者はランキングに掲載される。スマホアプリ版では、画面をタップするだけの簡単操作で、スロット、ポーカー各3種類ずつのゲームをプレイできる。今後はビンゴ、ダーツ、その他オリジナルゲームを随時追加していく予定としている。

 スロットは「サファリキング」、「スカイテン」、「プラネット2100」の3種で、3×5リール、5×5リールのマルチラインスロットゲーム。ポーカーは「エイセズ」、「ミスタージョーカー」、「ジェイビー96」の3種で、ダブルアップ、トリプルアップをフィーチャーしたポーカーゲーム。ジョーカーの有無、役や配当がゲームによって異なる。

 利用には「mixi」の会員登録が必要。Android 2.2以上搭載で、Flash 10.1以上が動作するスマートフォンに対応し、iPhone、iPadやタブレットPCは非対応となっている。利用料金は無料で、アイテム課金制となる。

 また、PC版「ウェバケード」では、スロット、トランプ、競馬、ビンゴなど、計25種類のゲームで遊べるほか、毎月イベントを開催しており、上位入賞者には抽選で賞品がプレゼントされるとのこと。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top