最速162キロ、守護神クルーンが引退……「日本シリーズ優勝は最高だった」 | RBB TODAY

最速162キロ、守護神クルーンが引退……「日本シリーズ優勝は最高だった」

エンタメ スポーツ

マーク・クルーン投手Twittet
  • マーク・クルーン投手Twittet
  • マーク・クルーン投手Twittet
 プロ野球の横浜、巨人で抑え投手として活躍したマーク・クルーン投手が、Twitterで引退を表明した。

 クルーン投手は、日本球界最速162キロをマークした速球を武器に、横浜、巨人で抑え投手として活躍。通算177セーブを挙げた。2010年に巨人を自由契約となった後は米大リーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツ3Aに所属して大リーグを目指したが、メジャー昇格はならなかった。クルーン投手は「21年間の現役を終え、引退を決めました」「09年の日本シリーズ優勝は、私のキャリアのなかで最高の一年だった」などとコメントしている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top