マウス感覚のハンディスキャナ! 名刺のデータ化機能付き | RBB TODAY

マウス感覚のハンディスキャナ! 名刺のデータ化機能付き

IT・デジタル フォトレポート

「400-SCN009」をマウス感覚で操作するイメージ
  • 「400-SCN009」をマウス感覚で操作するイメージ
  • 手のひらサイズのイメージ
  • カバンのポケットの隙間などにコンパクトに持ち運べるイメージ
  • 付属の専用名刺台と名刺専用モードで名刺をデータ化するイメージ
  • ブラック/ホワイトの2色ラインアップ
 サンワサプライは13日、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、手のひらサイズでパソコンとUSBでつなぎ利用できるハンディスキャナ「400-SCN009」を販売開始した。価格は7,480円。

 「400-SCN009」は、本体サイズが幅90×高さ20×奥行き27.5mm、ケーブル長が約1.1m、重さが約57g(USBケーブル含む)の小型軽量スキャナ。読み取りサイズが幅54mm×長さ最大1,200mmとなっており、写真や名刺をはじめ資料の画像部分のみなど、限られた範囲を手軽にスキャンする際に適したモデルとなる。

 付属の専用ソフトを使い、読み取った画像や文章をワードやエクセルなどに直接貼りつけることが可能。OCR機能を備えており、文字のテキストデータ化にも対応する。また、名刺専用スキャン機能を搭載し、付属の専用名刺台に名刺を載せて名刺専用モードでスキャンすると、名刺画像とともにアドレスデータを作成できる。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP(SP2以降)。スキャンデータの保存形式はJPEG。解像度は300dpi。スキャンスピードは200mmあたり約1.6~2秒で、読み取りやすいようにセンサー面に補助ローラー付き。本体カラーはブラック/ホワイトの2色をラインアップする。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top