アマゾンウェブサービス、企業データをクラウドで保管する「AWS Storage Gateway」発表 | RBB TODAY

アマゾンウェブサービス、企業データをクラウドで保管する「AWS Storage Gateway」発表

 米アマゾンの関連会社であるAmazon Web Services LLC(アマゾンウェブサービス)は現地時間25日、「AWS Storage Gateway」を発表した。オンプレミスのIT環境とAWSが提供するクラウド上のストレージサービス「Amazon S3」をシームレスに統合するものとなる。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
AWS Storage Gatewayの仕組み
  • AWS Storage Gatewayの仕組み
  • 料金体系(東京リージョンを使用した場合)
 米アマゾンの関連会社であるAmazon Web Services LLC(アマゾンウェブサービス)は現地時間25日、「AWS Storage Gateway」を発表した。オンプレミスのIT環境とAWSが提供するクラウド上のストレージサービス「Amazon S3」をシームレスに統合するものとなる。

 「AWS Storage Gateway」では、オンプレミス上のデータを、AWSクラウド上へ安全にデータを保存できるようになる。また、システムを復帰させる際にも、オンプレミス側での復帰だけでなく、クラウド側でも復帰させることなどができるようになるため、クラウド環境をディザスタリカバリ用途として利用することも可能(事前に仮想サーバであるAmazon EC2のマシンイメージが必要)。

 AWS Storage Gatewayは企業内の現行アプリケーションに対しては、業界標準のiSCSIプロトコルに対応したストレージとして動作。さらに、ストレージ内のデータは、SSL通信でAmazon S3にデータを安全に転送し、Amazon EBSスナップショットの形式で暗号化した状態で格納できる。これにより万が一、オンプレミス上のデータに問題が生じた際は、Amazon S3に保存されたデータを用いて、オンプレミス側に復元できるようになる。

 AWS Storage Gatewayの利用料金は、利用しているストレージゲートウェイ1つにつき月額125ドル。60日間の無料試用が可能。AWS Direct Connectにも対応する。Snapshot Storageの利用料金は、1ギガバイトにつき月額0.14ドルからの提供となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top