FacebookやTwitterのCEOも抗議メッセージ、SOPA、PIPA法案への抗議さらに拡大 | RBB TODAY

FacebookやTwitterのCEOも抗議メッセージ、SOPA、PIPA法案への抗議さらに拡大

ブロードバンド 回線・サービス

ザッカーバーグECOのメッセージ
  • ザッカーバーグECOのメッセージ
  • ディック・コストロCEOのツイート
  • ジャック・ドーシー会長のツイート
 米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは18日(現地時間)、自身のFacebookアカウントでSOPA、PIPA両法案に対する抗議メッセージを発表した。

 メッセージは日本を含めた世界中のFacebookユーザーに配信された。「オープンに世界を結びつけるもっとも強力なツールがインターネットです。十分に検討されていない法律でインターネットの発展が阻害されることを許すことはできません。FacebookはSOPAおよびPIPA法案に反対です。われわれは今後もインターネットの発展を阻害するあらゆる法案に反対していきます」。としている。同様のメッセージはTwitterでも発表された。

 これまで、Facebookはこの問題に対して特別な対応をしておらず、ウィキペディアなどが行ったストライキにも参加していない。しかし、このメッセージによって反対の立場を明確にした。

 Facebookと同様にストライキに参加していなかったTwitterも新たな動きに出ている。これまではディック・コストロCEOが「米国の内政問題への反応でグローバルビジネスを一時閉鎖するのはばかげている」と反対運動に批判的な立場だったが、新たなツイートで、「私と一緒にハリー・リード氏とチャック・シューマー氏(ともに法案を支持する上院議員)に法案に投票しないよう要請しよう」と反対の立場を強調した。また、Twitterのジャック・ドーシー会長も「これらの法案がなぜインターネットにとって悪いのかを学び、ツイート、メール、電話で議会下院にノーと言おう」と積極的な抗議行動を促した。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top