中国のネット人口が5億人突破!1年で12%増加し、普及率は38.3% | RBB TODAY

中国のネット人口が5億人突破!1年で12%増加し、普及率は38.3%

 中国ネットワーク情報センターは16日(現地時間)、中国のインターネットの利用状況についてのレポートを発表した。2011年にネット人口は12%も増加し、12月の時点で5.13億人に達した。

ブロードバンド その他
普及率の推移
  • 普及率の推移
  • 学生へのインターネット普及状況
  • 使用しているネット端末。デスクトップパソコンが最も多く、携帯電話、ノートパソコンと続く。
  • ネット環境。自宅が圧倒的に多い。
 中国ネットワーク情報センターは16日(現地時間)、中国のインターネット利用状況についてのレポートを発表した。それによると、2011年にネット人口は12%も増加し、12月の時点で5.13億人に達した。

 中国ではマイクロブログというTwitterのようなサービスが爆発的な人気になっており、ネット人口の増加はマイクロブログ人気が要因と見られる。マイクロブログは前年比で4倍も利用者が増え、約2億5000万人ものユーザー数となっている。

 ネット環境については、自宅が88.8%と最も多く、かつて中国でのインターネット利用の中心だったインターネットカフェは27.9%と低下。個人宅にもブロードバンド回線が普及していることを伺わせる。

 都市別の普及率では北京が70.3%で1位、上海が66.2%で2位と大都市が上位を占めるものの、最下位の貴州でも普及率24.2%となっており、極端に大きな格差はない。中国全土での平均普及率は38.3%。日本は約75%なので、ちょうど半分程度となる。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top