携帯電話キャリア各社、緊急速報メール「災害・避難情報」の提供を開始 | RBB TODAY

携帯電話キャリア各社、緊急速報メール「災害・避難情報」の提供を開始

エンタープライズ モバイルBIZ
緊急速報メールのイメージ図(KDDI)
  • 緊急速報メールのイメージ図(KDDI)
  • 対応端末での画面イメージ(KDDI)
  • 配信イメージ(ソフトバンクモバイル)
 KDDIと沖縄セルラーは10日、回線混雑の影響を受けずに緊急メッセージを一斉送信する「緊急速報メール」において、これまでの緊急地震速報に加え、国・地方団体の「災害・避難情報」と、気象庁による「津波警報」を提供すること発表した。

 緊急速報メールが配信されると、特定エリア内にある携帯電話の画面にポップアップ(配信内容を自動表示)し、専用の着信音とバイブレーションにて告知する仕組みとなっている。

 1月31日より、国・地方公共団体と連携して、災害に関する各種警報や避難情報などをau携帯電話に配信する緊急速報メール「災害・避難情報」の提供を開始する。また3月末より、緊急速報メール「津波警報」の配信を開始する。

 あわせてKDDIと沖縄セルラーは10日より、「災害・避難情報」の導入を希望する国・地方公共団体(都道府県・市区町村)からの申し込み受け付を開始している。またソフトバンクモバイルでも、同じく申し込み受け付けを開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top