みずほ情報総研とアクセラテクノロジ、クラウド対応エンタープライズサーチを共同開発 | RBB TODAY

みずほ情報総研とアクセラテクノロジ、クラウド対応エンタープライズサーチを共同開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Search for Salesforce」概要
  • 「Search for Salesforce」概要
  • 「Search for Salesforce」画面イメージ
 みずほ情報総研とアクセラテクノロジは12日、Salesforce向け検索ソリューション「Search for Salesforce」の販売を、2012年2月より開始することを発表した。

 「Search for Salesforce」は、Salesforce上の大量かつ多様なデータを素早く検索、利用するための検索ソリューション。Salesforceに登録された全データを、レコード、ファイル、ツイート等のデータ形式を問わず、すべて検索することができる。一方で、部署や役職に対応して複雑な階層構造を持つアクセス権を考慮し、そのユーザが閲覧できるデータのみを検索結果として返す。同ソリューションを導入することで、Salesforce既存の検索機能では不可能な、エンタープライズサーチ専門の検索エンジンを使った高度かつ利便性の高い、高機能な検索が実現可能となる。

 検索エンジンは、エンタープライズサーチの分野で高いシェアを持つ、アクセラテクノロジの「Accela BizSearch」と連携し、BizSearchが得意とする高速で漏れのない検索基盤を提供する。ソリューション形態は、オンプレミス型とSaaS型の両方を予定しており、ファイルサーバ検索にはActive Directoryの、Notes検索にはDomino Directoryの既存のアクセス制御内容を引き継ぎ、それぞれのデータソースに応じたセキュリティを保ちながら、一括横断検索を行う。これにより、クラウドまたはオンプレミスというデータの所在に拘らず、ユーザには統合的なデータ検索環境を提供することを可能とした。販売にあたってはセールスフォース・ドットコム社のAppExchangeサイトにて公開していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top