NTT東日本、Android搭載のタブレット「光iフレーム2」 | RBB TODAY

NTT東日本、Android搭載のタブレット「光iフレーム2」

IT・デジタル モバイル

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 「光iフレーム2」
  • 価格など
 NTT東日本は12月上旬、Android 2.2搭載のタブレット「光iフレーム2」の提供を開始する。価格は19,000円、レンタルは500円。

 サイズは約194.5×17×132mm、重量は約490g(電池パック含む)。ディスプレイに7インチワイドのLCDを採用している点は従来機種と変わりないが、CPU性能の向上させ、システムメモリーを512MBに増加した。また、レシピ等のアプリをキッチン等でも利用したいとの要望を受けIPX4の防水に対応、バッテリー駆動時間を4時間にした(従来は1時間)。本体背面には有効画素数300万画素のオートフォーカスカメラも搭載した。さらに、「フレッツ・マーケット」に対応している。

 「光iフレーム2」の提供に合わせ、フレッツ・マーケットでは「ひかりTVどこでも」(NTTぷらら)、「GyaO!」(ヤフー)など動画関係5アプリ、「クックパッド」(クックパッド)、「eBookJapan」(イーブックイニシアティブジャパン)、「紀伊國屋書店 Kinoppy」(紀伊國屋書店)など17アプリを追加予定。

 なお、同機種はWi-Fi設定が無料となる「フレッツ光 WiFi キャンペーン」の対象機器となっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top