ロジテック、Androidタブレットでテレビを視聴・録画できる約16gの小型ワンセグチューナー | RBB TODAY

ロジテック、Androidタブレットでテレビを視聴・録画できる約16gの小型ワンセグチューナー

IT・デジタル フォトレポート

「LDT-1SA01」をタブレットの背面に取り付けたイメージ(タブレットは別売)
  • 「LDT-1SA01」をタブレットの背面に取り付けたイメージ(タブレットは別売)
  • 本体
  • 2本の付属ケーブルでmicroUSBとUSB Type-Aに両対応するイメージ
  • パッケージ
  • タブレットの向きに合わせて表示が縦/横に切り替わるイメージ
 ロジテックは17日、Androidタブレット向けUSB接続のワンセグチューナー「LDT-1SA01」を発表した。販売開始は11月下旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は9,800円。

 「LDT-1SA01」は、USBホスト機能付きでAndroid 3.1以降を搭載したタブレットとUSBで接続して利用できるワンセグテレビチューナー。専用アプリの「らくデジ」をAndroidマーケットで入手してインストールすることで、ワンセグ番組の視聴や録画が可能。字幕ON/OFFや音声多重切り替え、簡易EPG表示などにも対応する。視聴画面はAndroidタブレットの縦/横の向き合わせて表示できる。

 格納式の伸縮アンテナ付きで、ボディは幅47×高さ30×奥行き9mm(アンテナ/突起部除く)/約16gという小型・軽量の手のひらサイズ。タブレットの背面に何度でも貼れる粘着シートを付属しており、タブレットと一体化させて視聴時に邪魔にならず、持ち運びも容易となっている。

 インターフェースはmicroUSBで、microUSB-microUSBケーブルとmicroUSB-USB Type-Aケーブルを付属しており、タブレット側のインターフェースはmicroUSBとUSB Type-Aに対応する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top