ベリサイン、新認証サービス「Symantec Validation & ID Protection」提供開始 | RBB TODAY

ベリサイン、新認証サービス「Symantec Validation & ID Protection」提供開始

エンタープライズ セキュリティ

「Symantec Validation & ID Protection」 イメージ図
  • 「Symantec Validation & ID Protection」 イメージ図
  • 「Symantec Validation & ID Protection」 リスクベース認証イメージ図
  • 「Symantec Validation & ID Protection」 ロゴ
 日本ベリサインは16日、二要素認証を核にクライアント認証の強度を高める「ベリサイン アイデンティティプロテクション(VIP)」のサービスを再編し、新たに「Symantec Validation & ID Protection」を発表した。12月1日から提供を開始する。

 従来、VIPのラインナップとして提供していた、「二要素認証」による「ワンタイムパスワード認証」に加えて、「Symantec Validation & ID Protection」では、「リスクベース認証」の利用も可能となっている。今回追加された「リスクベース認証」は、従来提供していた「オンライン詐欺検出サービス」を汎用化し、デバイスや行動プロファイルに基づいたリスク分析をバックグランドで実施するとのこと。ワンタイムパスワード認証では、ハードウェアトークンからソフトウェアトークンまで用意されており、ソフトウェアトークン「VIP Access」は無償で利用可能。

 「Symantec Validation & ID Protection」では、2つの認証を自由に組み合わせられる他、セキュリティを重視する場合は「ワンタイムパスワード認証」、利便性を重視する場合は「リスクベース認証」というように個別にどちらかのサービスを選択することも可能で、費用は認証方式に関係なく、従来の「ベリサイン アイデンティティプロテクション(VIP)」と同じ年間ライセンス費用の設定となっている。全世界で収集する不正情報データベース「Global Intelligence Network(GIN)」を活用することにより、未知の脅威にも迅速に対応できる。

 認証方式ごとにサーバを用意する必要がなく、導入コストや運用・管理コストを抑制し、導入期間を短縮できる。SSL-VPNリモートアクセスを中心にWebアプリケーションへも導入が可能であり、社内外向けサービスの認証強化を実現できる。利用料金は年額100ユーザー32万4千円~(税抜)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top