オラクル、初のクラウドOS「Oracle Solaris 11」提供開始 | RBB TODAY

オラクル、初のクラウドOS「Oracle Solaris 11」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Oracle Solarisの動作画面(Apple OS X上)
  • Oracle Solarisの動作画面(Apple OS X上)
  • プライベート、ハイブリッド、パブリックのいずれのクラウド環境にも対応する
 米オラクルは現地時間9日、初のクラウド・オペレーティング・システム(OS)「Oracle Solaris 11」の提供を開始した。

 「Oracle Solaris 11」はクラウド・サービスを展開する上で、セキュリティ、パフォーマンス、拡張性要件に対応するよう設計された専用OS。プライベート、ハイブリッド、パブリックのいずれのクラウド環境でもエンタープライズ・アプリケーションを実行可能としている。

 同社は「完全に仮想化された初のOS」としており、仮想化機能が組み込まれているほか、x86およびSPARCシステム上で動作するサーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」に対応するよう設計されている。また「Oracle Solaris Zones」による仮想化は、VMwareの15分の1のオーバヘッドで物理ノードごとに数百ゾーンまで拡張可能。また仮想レイヤーに加えてOS、物理ハードウェア、ネットワーク、ストレージまで、インフラ全体を包括的に管理できる。「Oracle Solaris 11」のデータおよびストレージの管理基盤は「Oracle Solaris ZFS」によって提供される。

 「Oracle Solaris 11」は、SPARC版、x86版が同社サイトよりダウンロード可能(オラクルWebアカウントが必要)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top