CTC、スマートコミュニティの計画・運営を支援するクラウド「E-PLSM」発表 | RBB TODAY

CTC、スマートコミュニティの計画・運営を支援するクラウド「E-PLSM」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

地図画面での需要施設と供給施設の配置
  • 地図画面での需要施設と供給施設の配置
  • シミュレーション結果画面
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は4日、スマートコミュニティの計画・設計から運用までを支援するクラウドサービス「E-PLSM(エプリズム)」を発表した。自治体やディベロッパー等向けに、12月より提供を開始する。

 E-PLSMは、地域でのエネルギー管理の計画から運用・評価の段階までを支援するクラウドサービス。“E”は、Energy、Economy、EnvironmentおよびEcologyを意味し、“PLSM”は、PLatform for Simulation and Managementを略したものとなっている。

 自治体やディベロッパー等は、E-PLSMを使用することで、スマートコミュニティの計画段階では、地域における風力・太陽光発電の設置、蓄電池の併設等に関し、エネルギー最適化のシミュレーションや経済性評価等を実施できる。地図画面上で一般住宅や商業施設などの電力需要施設と太陽光パネルなどの供給施設等を仮想的に配置することで、地域内の電力需要量のピーク月やピーク時間、再生可能エネルギーの発電量、電力の自給率、最適な蓄電池導入量などのシミュレーションを行うことが可能となっている。運用段階では、各設備のリアルタイムなモニタリングや電力の売買による経済性評価等を行うことができ、PDCAサイクルに基づくスマートコミュニティ運営が可能となる。

 CTCは、これまで蓄積した風力・太陽光発電の予測技術や最適化シミュレーション技術等を活用し、東京大学大学院の宮田秀明教授の提唱する「Computational Social System Dynamics」のコンセプトに基づき、E-PLSMを開発。スマートコミュニティの構築を検討している自治体やディベロッパーを中心に営業展開し、付随するコンサルティングやシステム構築を含めて、今後3年間で10億円の売上を目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top