テレビ出力が可能で、マウスのように動かしルーペ代わりに使えるマイクロスコープ | RBB TODAY

テレビ出力が可能で、マウスのように動かしルーペ代わりに使えるマイクロスコープ

IT・デジタル フォトレポート

「マウス型 TV出力 マイクロスコープ」(型番:DN-UL028B)
  • 「マウス型 TV出力 マイクロスコープ」(型番:DN-UL028B)
  • ディスプレイに文字を拡大表示する利用イメージ
  • マウスの読み取りセンサー部分にカメラを備えたイメージ
  • ズームボタンなど各部の名称
  • 本体と付属品
 上海問屋は1日、テレビ出力が可能なマウス型マイクロスコープ「マウス型 TV出力 マイクロスコープ」(型番:DN-UL028B)を販売開始した。価格は7,999円。

 「マウス型 TV出力 マイクロスコープ」(型番:DN-UL028B)は、パソコン用マウスのデザインをしたマイクロスコープ。マウス底部の読み取りセンサー部分にカメラを搭載し、新聞や本、雑誌などの見づらい文字の上にマウスを重ねるように動かし、文字を拡大表示することが可能。マウスのケーブルのようにテレビやディスプレイへの出力ケーブルがつながっており、テレビやディスプレイの画面で拡大表示した文字を確認できる。

 マウスのクリックボタンのようにズームボタンを搭載し、2~32倍の拡大に対応。出力ケーブル長は180cm、本体サイズは幅65×高さ13.2×奥行き65mm、重さは約150g。付属品はACアダプタ/キャリーバッグなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top