NTTデータとOKI、グローバルITサービス分野で協業 | RBB TODAY

NTTデータとOKI、グローバルITサービス分野で協業

 NTTデータと沖電気工業(OKI)は21日、グローバルITサービス分野での協業について合意したことを発表した。NTTデータのITリソースとOKIのビジネスノウハウを融合し、新たなビジネスを目指す。

エンタープライズ 企業
INERPIA/イナーピアSAPホスティングサービスについて
  • INERPIA/イナーピアSAPホスティングサービスについて
 NTTデータと沖電気工業(OKI)は21日、グローバルITサービス分野での協業について合意したことを発表した。NTTデータのITリソースとOKIのビジネスノウハウを融合し、新たなビジネスを目指す。

 協業ビジネスの第一弾として両社は、世界120カ国で事業を展開しているOKIグループのプリンタ事業部門のITコストについて、NTTデータの海外データセンターを活用することで、20%以上の削減を目指す。OKIのプリンタ事業を担っているOKIデータが、マレーシアデータセンターの「INERPIA/イナーピア SAPホスティングサービス」を活用。これにより2013年度までに日本およびアジア圏各拠点におけるデータセンター運用コストを20%削減するとのこと。

 またOKIグループでは、今後東南アジア、南米地域等グローバルビジネスの領域拡大に向けて、順次NTTデータのグローバルITサービスの利用を進めることにより、ITインフラ基盤の整備・強化、情報システムの戦略的なコスト低減、事業継続性リスクの軽減、グローバルITガバナンス強化といった業務の高品質化を目指す。さらに、両社は、それぞれが国内外に持つ顧客基盤、スキル・リソースを活用した商品・サービスの相互展開や、両社のスキル、ノウハウをベースとした新商品・サービスの創出・展開なども計る。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top