東芝、11万円台からの地デジ・Blu-ray搭載15.6型液晶AVノートを3機種 | RBB TODAY

東芝、11万円台からの地デジ・Blu-ray搭載15.6型液晶AVノートを3機種

 東芝は、webオリジナルの15.6型液晶AVノートPCでCore i搭載「dynabook Qosmio T751」の2機種とCeleron搭載「dynabook Satellite T551」の1機種を発表。10月下旬の販売開始に向けて同社直販サイトにて受注を開始した。

IT・デジタル ノートPC
「dynabook Qosmio T751」「dynabook Qosmio T751/WTMD」
  • 「dynabook Qosmio T751」「dynabook Qosmio T751/WTMD」
  • 「dynabook Qosmio T751」「dynabook Qosmio T751/WTMD」正面
  • 「dynabook Satellite T551/WTCD」
  • 「dynabook Satellite T551/WTCD」正面
 東芝は、webオリジナルの15.6型液晶AVノートPCでCore i搭載「dynabook Qosmio T751」の2機種とCeleron搭載「dynabook Satellite T551」の1機種を発表。10月下旬の販売開始に向けて同社直販サイトにて受注を開始した。

 3機種とも15.6型液晶(1,366×768ピクセル)ディスプレイと地上デジタルテレビチューナー、Blu-rayディスクドライブ、harman/kardonステレオスピーカーを搭載したAVノートPC。直販価格は、Core i7-2670QM(2.2GHz)搭載「dynabook Qosmio T751/WTTD」が144,800円~、Core i5-2430M(2.4GHz)搭載「dynabook Qosmio T751/WTMD」が139,800円~、Celeron B800(1.5GHz)搭載「dynabook Satellite T551/WTCD」が113,800円~。

 電力需要のピーク時間帯にAC電源駆動からバッテリ駆動へ自動で切り替える「東芝ピークシフトコントロール」や、ボタンを押すことで省電力設定となる「ecoユーティリティ」を搭載する。Office Home and Business 2010の選択が可能。

 おもな共通仕様として、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版、メモリが4GB(最大8GB)、ワイヤレスが802.11b/g/n、インターフェースがHDMI/USB3.0/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/ブリッジメディアスロットなど。

 「dynabook Qosmio T751」「dynabook Qosmio T751/WTMD」は、ストレージが640GB HDD、100万画素webカメラを内蔵、バッテリの連続駆動時間が約4.5時間、本体サイズが幅387.6×高さ29.1~34.8×奥行き266.8mm、重さが約3kg。

 「dynabook Satellite T551/WTCD」は、ストレージが500GB、130万画素webカメラを内蔵、バッテリの連続駆動時間が約3.4時間、本体カラーがベルベッティホワイト/ベルベッティブラック、本体サイズが幅380.5×高さ28~35.6×奥行き254mm、重さが約3kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top